ノーキー80歳記念アメリカツアー 【紀行文 2 7月8日 ナッシュビルに到着】

ラスベガスからナッシュビルへは、アトランタ空港で乗り継ぎます。

アトランタ空港は世界一のハブ空港で離発着数も多く、魚の骨状の滑走路となっています。

atlanta

コカコーラが生まれたのはアトランタで、ここにはコカコーラ博物館があります。
残念ながら立ち寄ることはできませんでしたが、ラスベガスを7時頃のフライトに乗りナッシュビル空港についたのは15時過ぎです。
時差が2時間位ありますので6時間のフライトです。
特に大きなトラブルもなく無事空港を出て、シェラトン・ミュージック・シティ・ホテル(Sheraton Music City、以下、シェラトンホテル)からの迎えのシャトルバスに乗り込みます。

シェラトンホテル

空港から高速を使い、20分位でシェラトンホテルに到着。

00022_Capture

シェラトン・ミュージック・シティ

シェラトン・ミュージック・シティ

あらかじめジュディさんに携帯で連絡してあったので、フロントまで出迎えてくれました。
フロントは空いており、まるでダチョウのような黒人女性がチェックインの案内をしてくれましたが、予約の確認などで30分ほど手続きに時間がかかりました。
日本人はほとんど来ないようなので、いろいろ話しかけてきました。
とても日本人に興味があったみたいです(私はノーサンキューでしたが愛嬌がよく好感が持てました)。

ロビーには、冷たいお水が・・・

ロビーには、冷たいお水が・・・

このホテルは、一階に演奏ができるホール部屋が5つほどあり、4日間行われるイベント期間中、朝9時ころから夜11時ころまでプロアーチストによる演奏が行われています。
入場料はホテル代とは別に3万円くらいで四日間利用できます。

このイベントは、CAAS(カース:the Chet Atkins Appreciation Society)といい、2001
年に亡くなったカントリギタリストの故チェットアトキンスを偲び毎年開催されています。
出演者はフィンガーピッキングスタイル奏法がマスト条件となっています。
チェットアトキンスを師とするノーキーもここには毎年顔を出していることは、話に聞いておりました。
チェットのちらし

自叙伝にもチェットアトキンスをコピーしていたことが書かれています。
そういえばノーキーの好きな曲の中にもいくつかチェットアトキンスが弾いているものがありました。

・WALK DON’T RUN
・VINCENT
・I GOT A WOMAN
・アラバマジュベリー
・オレンジブロッサムスペシャル
・黒い瞳
などなど

ホテルの近くには、繁華街はなくコンビニ、ファーストフード以外にはレストランもありません。
バスなどで町に出かけなければ、ホテル内のレストランで1日中過ごすことになります。

1階のメインステージ前には、参加ミュージシャンのグッズなどの即売会が行われています。
驚く程多くのチェットアトキンスやカントリーレコードが山積みにされていました。
もちろんノーキーコーナーも常設されており、昨年の叙情曲のCDなどが展示されていました。
オークションのギターも2本出ており、一つはドンウィルソンのサイン付きのエレキギター、もう一つ白のグレッチでした。

この4日間にいくらで売れるか、楽しみです。