ノーキー80歳記念アメリカツアー 【紀行文 3 ナッシュビル】

ナッシュビルはテネシー州ではメンフィスに次ぐ2番目に大きい都市です。

テネシーはチェロキー語で"曲がりくねった川"の意味です。
ゴールドラッシュ時代に金鉱などがあったため、東部のアパラチア山脈近郊に住んでいたインディアン(チェロキーなど)は白人に追われ、西のオクラホマ、アーカンソーやテネシーに移動してきました。
1839年に行われたインディアン強制移動は後に"涙の道(Trail of Tears)と呼ばれ、4000人以上のインディアンが亡くなりました。

ノーキーが生まれ育ったオクラホマは祖先が強制移動させられた町で、ノーキーが幼少の頃にはさらに白人の迫害が進み、太平洋戦争の頃にはエドワーズ家は銃で家を追われワゴンに10人以上の家族全員が乗り込み西へ西へと逃げることになりました(その時の苦労話が自叙伝で詳しく書かれています)。

また、ナッシュビルは明治維新の頃に起きた南北戦争の激戦地としても知られています。
チェットアトキンスの2曲奏法はこれに因んだものです。

かつてエルカミーノに指のリハビリのため毎週こられていた故成毛滋さんが漫談を交えチェットのように演奏してくれたことが思い出されます。
この映像をYouTubeで発見しましたので一度ご覧になってください。
https://www.youtube.com/watch?v=INiW9pg4LKU

音楽の歴史としては、1925年に"グランド・オール・オプリ(The Grand Ole Opry)"が開幕されカントリーミュージックの発祥地として今日に至っています。

"グランド・オール・オプリ"は全米で最初に実況ライブがラジオ放送で流された歴史あるホールです(昨年はケリー・マークスが出演する日に、バックステージに招待され舞台裏を紹介してもらいました)。
昨年脳卒中により94歳で亡くなった最古参の常連リトル・ジミー・ディケンズ(Little Jimmy Dickens)の演奏をバックステージから覗かせてもらいました。

ダウンタウンには200ものライブハウスが大通りに対峙して軒並び、どの店でも朝からバンド演奏が行われ、各州から来たお客さんもギッシリ詰寄せています。

レコーディングスタジオもたくさんあり、マーク・モズレー(セミー・モズレーの甥)のスタジオも近くにあります。
ここでノーキーさんが毎年録音します。
昨年は"日本の叙情曲"のレコーディングに立会いました。

ノーキー80歳記念アメリカツアー 【紀行文 2 7月8日 ナッシュビルに到着】

ラスベガスからナッシュビルへは、アトランタ空港で乗り継ぎます。

アトランタ空港は世界一のハブ空港で離発着数も多く、魚の骨状の滑走路となっています。

atlanta

コカコーラが生まれたのはアトランタで、ここにはコカコーラ博物館があります。
残念ながら立ち寄ることはできませんでしたが、ラスベガスを7時頃のフライトに乗りナッシュビル空港についたのは15時過ぎです。
時差が2時間位ありますので6時間のフライトです。
特に大きなトラブルもなく無事空港を出て、シェラトン・ミュージック・シティ・ホテル(Sheraton Music City、以下、シェラトンホテル)からの迎えのシャトルバスに乗り込みます。

シェラトンホテル

空港から高速を使い、20分位でシェラトンホテルに到着。

00022_Capture

シェラトン・ミュージック・シティ

シェラトン・ミュージック・シティ

あらかじめジュディさんに携帯で連絡してあったので、フロントまで出迎えてくれました。
フロントは空いており、まるでダチョウのような黒人女性がチェックインの案内をしてくれましたが、予約の確認などで30分ほど手続きに時間がかかりました。
日本人はほとんど来ないようなので、いろいろ話しかけてきました。
とても日本人に興味があったみたいです(私はノーサンキューでしたが愛嬌がよく好感が持てました)。

ロビーには、冷たいお水が・・・

ロビーには、冷たいお水が・・・

このホテルは、一階に演奏ができるホール部屋が5つほどあり、4日間行われるイベント期間中、朝9時ころから夜11時ころまでプロアーチストによる演奏が行われています。
入場料はホテル代とは別に3万円くらいで四日間利用できます。

このイベントは、CAAS(カース:the Chet Atkins Appreciation Society)といい、2001
年に亡くなったカントリギタリストの故チェットアトキンスを偲び毎年開催されています。
出演者はフィンガーピッキングスタイル奏法がマスト条件となっています。
チェットアトキンスを師とするノーキーもここには毎年顔を出していることは、話に聞いておりました。
チェットのちらし

自叙伝にもチェットアトキンスをコピーしていたことが書かれています。
そういえばノーキーの好きな曲の中にもいくつかチェットアトキンスが弾いているものがありました。

・WALK DON’T RUN
・VINCENT
・I GOT A WOMAN
・アラバマジュベリー
・オレンジブロッサムスペシャル
・黒い瞳
などなど

ホテルの近くには、繁華街はなくコンビニ、ファーストフード以外にはレストランもありません。
バスなどで町に出かけなければ、ホテル内のレストランで1日中過ごすことになります。

1階のメインステージ前には、参加ミュージシャンのグッズなどの即売会が行われています。
驚く程多くのチェットアトキンスやカントリーレコードが山積みにされていました。
もちろんノーキーコーナーも常設されており、昨年の叙情曲のCDなどが展示されていました。
オークションのギターも2本出ており、一つはドンウィルソンのサイン付きのエレキギター、もう一つ白のグレッチでした。

この4日間にいくらで売れるか、楽しみです。

ノーキー80歳記念アメリカツアー 【紀行文 こぼれ話】

今回の参加者は7人でしたが、リムジンに乗るのも食事をするのも団体行動は海外旅行初めての方も数人いらっしゃいましたので、人数的にベストでした。

  

00024_Capture

シアトル空港の入口の身体チェックで検査ベルトに流した財布(現金とカード入)がなくなり事件となりました。検査係の女性に言っても、警備員に言っても真剣に探そうとしてくれないので途方に暮れていました。盗まれたのなら見つかるはずはないのですが、前後の人にそういう感じの人がいなかったのでどこかに落ちているのではないかと、検査台の下など隈なく探した結果、ベルトから落ちているのを発見し、めでたしめでたしでした。薄い財布だったために検査ベルトの回転部分のローラーの間からすべり落ちたものと思われます。

また、ラスベガスからナッシュビル行の乗り継ぎのアトランタ空港では、日本人の御夫婦が突然駆け寄ってきて電話を貸してくださいと慌てた様子で話しかけてきました。なんでも娘さんが携帯電話を忘れて取りに行ったきり1時間以上戻ってこないそうでした。近くに公衆電話もないし携帯もないし困っていたところ日本語が聞こえてきたので思わず神にもすがる気持ちだったそうです。
乗り換え時間が迫っていたのでその後どうなったかわかりませんが、旅行会社と連絡がとれ、とりあえず連絡を待っていることになったそうです。今回はアメリカで使う電話を持っていったので安く利用できました(AT&Tでチップを買うと25ドル分を10日間くらい使えます)。日本のスマホなどでかけると通話料金が高いです。

また成田でWifiルーターをレンタルして(8,000円位)、グループのみなさんに使っていただきました。どこでも使えて大正解でした。
アメリカでもWifiは有料なところが多いので意外に不便です。

アメリカの空港では、荷物を受け取るのはノーチェックであり間違えられても調べようがないのでたいへん不安でした。日本の空港ではタグのチェックがあるのですが、ナッシュビルの空港では、空港の外にボーディングレーンがあるので誰かが荷物を持って行ってもわかりません。スーツケースには大切なものは入れないでおくほうがいいです。

IMG_7206

ラスベガスへ

ラスベガスへ