ノーキー80歳記念アメリカツアー 【紀行文 こぼれ話】

今回の参加者は7人でしたが、リムジンに乗るのも食事をするのも団体行動は海外旅行初めての方も数人いらっしゃいましたので、人数的にベストでした。

   00024_Capture

シアトル空港の入口の身体チェックで検査ベルトに流した財布(現金とカード入)がなくなり事件となりました。検査係の女性に言っても、警備員に言っても真剣に探そうとしてくれないので途方に暮れていました。盗まれたのなら見つかるはずはないのですが、前後の人にそういう感じの人がいなかったのでどこかに落ちているのではないかと、検査台の下など隈なく探した結果、ベルトから落ちているのを発見し、めでたしめでたしでした。薄い財布だったために検査ベルトの回転部分のローラーの間からすべり落ちたものと思われます。

また、ラスベガスからナッシュビル行の乗り継ぎのアトランタ空港では、日本人の御夫婦が突然駆け寄ってきて電話を貸してくださいと慌てた様子で話しかけてきました。なんでも娘さんが携帯電話を忘れて取りに行ったきり1時間以上戻ってこないそうでした。近くに公衆電話もないし携帯もないし困っていたところ日本語が聞こえてきたので思わず神にもすがる気持ちだったそうです。 乗り換え時間が迫っていたのでその後どうなったかわかりませんが、旅行会社と連絡がとれ、とりあえず連絡を待っていることになったそうです。今回はアメリカで使う電話を持っていったので安く利用できました(AT&Tでチップを買うと25ドル分を10日間くらい使えます)。日本のスマホなどでかけると通話料金が高いです。

また成田でWifiルーターをレンタルして(8,000円位)、グループのみなさんに使っていただきました。どこでも使えて大正解でした。 アメリカでもWifiは有料なところが多いので意外に不便です。

アメリカの空港では、荷物を受け取るのはノーチェックであり間違えられても調べようがないのでたいへん不安でした。日本の空港ではタグのチェックがあるのですが、ナッシュビルの空港では、空港の外にボーディングレーンがあるので誰かが荷物を持って行ってもわかりません。スーツケースには大切なものは入れないでおくほうがいいです。

IMG_7206
ラスベガスへ

ラスベガスへ